TETSUYAtoMINAfilm

PROFILE

監督 富名哲也

富名哲也 Tomina Tetsuya 富名哲也 Tomina Tetsuya

 北海道釧路市生まれ。大学卒業後、イギリスのロンドン・フィルム・スクールで映画製作を学ぶ。2013年、短編映画『終点、お化け煙突まえ。(英題:"At the Last Stop Called Ghost Chimney")』(主演:岸井ゆきの / 19min)を監督脚本する。同作は、アジア最大の映画祭、釜山国際映画祭の短編コンペ部門に選出されたのを始め、インドネシアの映画祭、JOGJA-NETPAC Asian Film Festivalの短編部門でグランプリを受賞、世界15カ国以上の国際映画祭に招待され上映された。また同作は、世界で活躍するミュージシャンでグラミー賞受賞アルバムのプロデューサーでもあるジム・オルーク氏が選ぶ日本映画として、ヴェネチアで開催された国際交流基金主催による現代美術展『UNATTAINED LANDSCAPE 〜未完風景展』において5カ月間に渡り展示上映された。2015年、長編劇映画企画『Blue Wind Blows』(旧題:SMOKE ON THE WATER)が、釜山国際映画祭による映画ファンド、Asian Cinema Fund(ACF)の脚本開発部門で創設以来日本から初めて選出された。また同作は、釜山国際映画祭併催企画マーケット、Asian Project Market(APM)にも選ばれ企画プレゼンの招待を受けた。
2018年、長編初監督作品『Blue Wind Blows』が第68回ベルリン国際映画ジェネレーション・コンペティション部門に正式招待される。
さらに、2018年3月香港国際映画祭と同時開催で開かれるアジアで最も重要な企画マーケットの一つである「第16回香港アジア・フィルム・ファイナンシング・フォーラム(通称HAF)」に、富名哲也監督次回作予定の企画「A Mountain Splits」(ア・マウンテン・スプリッツ)が選ばれ招待を受ける。舞台は映画「Blue Wind Blows」と同じ佐渡島。今度は佐渡金山の歴史にインスパイアされたオリジナル企画となっている。

・HAFホームページ
・企画紹介ページ

プロデューサー 畠中美奈

畠中美奈 Hatanaka Mina 畠中美奈 Hatanaka Mina

 鹿児島県鹿児島市生まれ。大学卒業後、(株)久米設計の設計室に勤務。UWFインターナショナル広報・企画部長を務めた後、安藤忠雄設計大手前アートセンター黒田アキ展プロデュース。’98長野パラリンピック冬季競技大会閉会式制作チーフ、『管野秀夫Dearest Musicians』企画制作、『hide写真集』制作、松田優作13回忌プロジェクトを松田美由紀とプロデュース。俳優、松田龍平のマネージメント、三池崇史監督『46億年の恋』DVD特典写真集撮影、などを経て、富名哲也と結婚。2013年よりTETSUYA to MINA filmのプロデューサーとして氏の監督作品を企画・プロデュースしている。現在、富名哲也監督次回作予定の映画「A Mountain Splits」(ア・マウンテン・スプリッツ)の準備を始めたばかり。